PAGE TOP

2020年度地方大会 オブザーバー参加者募集中

セミナーコンテスト
地方大会

セミナーコンテスト地方大会

セミナー講師の甲子園「セミナーコンテスト」とは、セミナー講師を目指す人を対象に、自分の体験をもとにオリジナルセミナーを作り、1人10分で発表し順位を競いあうイベントです。

地方大会出場者は、全国大会(セミコングランプリ)にチャレンジできます。

様々な専門家、志の高い方が集まるのもセミコンの特長です。出場者・オブザーバー同士の出会い、交流もお楽しみください。

今年もセミナーコンテスト地方大会120名から選ばれた7名によるNO.1講師を決める全国大会『セミコングランプリ2021』を開催します。

地方大会とは違う次元の戦いをライブで体験してください。

 

セミコン卒業生の声VOICE

「セミコンで何を手に入れたのか?」「セミコン出場後、仕事にセミナーをどう活かしているか?」など
セミコングランプリ出場者の声を紹介します。

 

セミナーコンテスト誕生秘話

人気講師、著者が続々と誕生、話題のセミナーコンテストとは

このイベントは私の個人的な体験からスタートしております。
今から16年前、私がセミナーをやりはじめて2年が経った頃のこと。
セミナー講師としてだけでなく、人生をかけて伝えていきたいテーマが見つかりました。

 

そう、「自分ブランド」です。
セミナーを作るとは、まさに自分自身の棚卸しをしながら、
自分の人生の目的を明確にすることだったのです。
さらに、自分オリジナルのセミナーを開催し続けていくことで、
自分が救いたい人は誰なのか、自分に何を求められているのかが、より明確になっていきました。
セミナー開催を続けることで、私自身のブランド構築が加速していったのです。

 

このような体験を、まわりにいる仲間や、セミナーに参加されるお客さまにもしてほしい。
セミナー講師になり、教えるという経験を通して、自分らしい成功を手に入れてほしいと、強く思うようになりました。
しかしながら、講師経験のない方がいきなり大勢の前で、2時間近く話すのはハードルが高いものです。
もっと簡単に、もっと楽しくセミナー講師としての経験ができないだろうか?
ふと思いついたのがセミナーコンテストでした。

 

早速、仲間を7人集め、1人10分のセミナーを作り、発表し合うコンテストをスタートしました。
ありがたいことに、第1回から大成功に終わり、
出場者や見学に来られた方から自然に口コミや紹介が広がるようになったのです。
気がつけば今年で14年目を迎えます。
開催地は国内10ヶ所、出場者は延べ1,400名を超えるほどのイベントになりました。
2018年から、海外でも開催するようになり、活躍の場は国際的に広がっています。

 

今年も、数多くのセミコン出場者が自分の体験を振り返り、オリジナルセミナーを発表されます。
それぞれが自分の価値に気づき、新たなステージへと一歩踏み出されることでしょう。
オブザーバーとしてご参加いただいている皆さまにも、
セミコンを通じて、新しい可能性の扉が開く1日になることを心から願っております。

 

一般社団法人 日本パーソナルブランド協会代表理事
有限会社ブランドファクトリー 代表取締役
立石 剛